スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<強制わいせつ致傷>容疑で小学校教諭逮捕 愛知(毎日新聞)

 愛知県警捜査1課と愛知署は28日、女子大学生にわいせつな行為をし、けがをさせたとして、同県日進市岩崎台、名古屋市立松栄小学校教諭、大藪享一容疑者(42)を強制わいせつ致傷容疑で逮捕した。同署によると、大藪容疑者は「現場には行ったことがあるが、やっていない」と容疑を否認しているという。同署は他にも数件余罪があるとみて捜査している。

 容疑は2月28日午前0時半ごろ、同県長久手町の路上で、帰宅途中の女子大学生(当時21歳)を押し倒して馬乗りになり、ナイフを突きつけて「殺す。言うことを聞け」などと脅し、体を触るなどして約2週間のけがをさせたとしている。現場から十徳ナイフや手袋などが見つかり、同署は大藪容疑者の遺留物とみて調べている。

 名古屋市教育委員会によると、大藪容疑者は91年4月採用。09年4月から現職で、学校全体の連絡調整をする教務主任を務めている。2月28日以降も通常通り勤務していたという。西淵茂男・市教委教職員課長は「事実であれば教職者として許されない行為であり、厳正に対処していきたい」とコメントした。【式守克史】

【関連ニュース】
痴漢容疑:警視庁職員を逮捕 千葉・北総鉄道で女性触る
強制わいせつ:追起訴の警部懲戒免職 福岡県警
福岡性的暴行:英会話学校の米国人経営者を起訴
名誉棄損:ブロガー情報開示を命令、無罪医師の訴え認める
性的暴行:知的障害の少女被害、損害賠償を増額 東京高裁

たばこ増税で6割が「禁煙」決意!?(産経新聞)
<そごう呉店社員>認知症の疑いある女性に7千万円分販売(毎日新聞)
<参院選>首相議長に初の政権公約会議開催へ 政府・民主党(毎日新聞)
元厚生次官ら連続殺傷事件 小泉被告にきょう午後、判決 (産経新聞)
訃報 大森実さん88歳=ボーン・上田賞のジャーナリスト(毎日新聞)
スポンサーサイト

EXILE事務所が1億所得隠し=東京国税局(時事通信)

 人気グループ「EXILE」が所属する芸能事務所「LDH」(東京都目黒区)が東京国税局の税務調査を受け、2009年3月期までの2年間で1億円以上の所得隠しを指摘されたことが24日、分かった。すでに修正申告しているとみられる。
 関係者や民間信用調査会社によると、LDHは08年3月期の売り上げが前期比の4倍以上となる76億円に急増したが、経理処理にミスがあり、1億円以上については悪質な仮装・隠ぺいがあったと認定されたとみられる。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
〔写真特集〕偽札の実態~巧妙化する偽造手段
積水ハウスが4億円申告漏れ=一部所得隠しも認定
太陽光発電部品で5億円脱税=需要急増、売り上げを除外
脱税で弁護士ら逮捕=20億円所得隠し

<抱っこひも>米製品で窒息の恐れで注意喚起 自主回収も(毎日新聞)
汚職行為で起訴の弁護士脱税=1億3000万円所得隠し-名古屋国税局が告発(時事通信)
子供向けアクセサリーから鉛検出=誤飲注意、呼び掛けも-消費者庁(時事通信)
新型インフル GSK社製ワクチンの32%解約(産経新聞)
大洋薬品工場に業務停止命令=別サンプル提出、ミス発覚逃れる-岐阜県(時事通信)

規制見直し「遅い」 分権委、声明案で批判(産経新聞)

 政府の地方分権改革推進委員会(委員長・丹羽宇一郎伊藤忠商事会長)が19日の最終会合で取りまとめる声明案の概要が18日、分かった。政府が地方自治体の活動を細かく法令で規制している「義務付け・枠付け」の見直しが進んでいないことなどを批判している。

 分権委は昨年10月に政府に提出した第3次勧告で、地方側が求める104項目について見直しを求めるよう提言していた。しかし、鳩山政権は勧告通りの実施を36項目にとどめており、声明案は「速やかな実現」を求めている。

 また、鳩山由紀夫首相が国の出先機関統廃合と職員3万5千人の削減を盛り込んだ2次勧告に理解を示していたことを踏まえ、「抽象論ではなく、具体的に削減するプロセスに早急に着手してほしい」としている。

 分権委は安倍政権下の平成19年4月に地方分権改革推進法に基づき設置。これまで98回開かれ、政府に対し4次にわたる勧告を行ってきた。今月末で設置期限となる3年間の活動を終える。地域主権の実現を掲げる鳩山政権は昨年11月に地域主権戦略会議(議長・鳩山首相)を新設していた。

【関連記事】
首相を正式メンバーから外す 国と地方の協議機関
「国と地方の協議機関」で政府が骨子案提示
地方行財政検討会議が初会合 財源移譲議論
08年度の地方の借金197兆円 歳入・歳出は9年ぶり増加
橋下知事3年目 高支持を結果につなげよ
20年後、日本はありますか?

<亀井担当相>郵政改革案「首相が了承したから発表した」(毎日新聞)
米軍下士官の女、聴取へ=当て逃げ事件-沖縄県警(時事通信)
逮捕の会社員、拳銃約30丁所持=銃刀法違反で再逮捕-広島県警(時事通信)
日本の医師免許がない外国人医師への規制「課題の一つ」―長妻大臣(医療介護CBニュース)
地下鉄サリン15年 遺族、首相らが献花 健康被害なお(毎日新聞)

「ヤミ専従」98人に 北海道開発局 国交省が4119人処分へ(産経新聞)

 国土交通省の出先機関、北海道開発局職員が勤務時間中に違法な労働組合活動をしていた問題で、活動が年間30日以上に及ぶ「ヤミ専従」職員は、昭和40年以降で98人に上ることが23日、国交省が設置した第三者委員会の調査で分かった。常習的とは認められない軽微な違反も3936人に達した。同省は25日付で、活動を黙認していた監督責任者らを含め156人を減給(4~1カ月)や戒告の懲戒処分にするなど、計4119人を処分すると発表した。

 調査は、同開発局の全職員と出向者計6314人が対象。昨年8月の内部調査では過去3年間に限定していたが、今回は期間を区切らずにさかのぼって再検証した。今回ヤミ専従が判明した98人は全北海道開発局労働組合(全開発)所属で、必要な許可を受けずに、年間30日以上組合活動に従事していた。

盗撮の成田空港巡査を逮捕=スカート内にデジカメ-神奈川県警(時事通信)
大阪・松原市、し尿も“ヤミ処分” 年間80トン「処理業者見つからず」(産経新聞)
六代目円楽さんが32年ぶりの寄席=東京・末広亭で襲名披露(時事通信)
千葉大生殺害 学部長が両親に卒業認定書(毎日新聞)
<自民党>参院選目標「100から90議席に」…谷川秀善氏(毎日新聞)

「空飛ぶ首相官邸」政府専用機はペアで飛行(読売新聞)

 我が国のVIPを乗せ、世界の空を飛び回る政府専用機。

 ホテル並みの設備に会議室も備えた「空飛ぶ首相官邸」は、どのように運用されているのか。

 14日(日本時間15日)、イタリアのフィウミチーノ空港。アフリカ訪問を終えた皇太子さまを乗せた専用機が羽田に向けて飛び立ってから間もなく、訪問の間、専用機と一緒に運航されていたボーイング747も離陸した。

 あまり知られていないが、これは専用機を運航する際、常にペアで飛ぶ予備機。故障など緊急時に備えるためで乗客はいない。1991年の導入以降、予備機を使うような緊急事態はないが、脚光を浴びたことはある。

 2004年5月、小泉首相(当時)が拉致被害者の家族5人と帰国する際、家族たちは予備機に乗り込んで、羽田空港へと降り立った。

 専用機を使えるのは、原則、「天皇と皇族」「首相とそれに準ずる者」「衆参議長」「閣僚」らとされている。2月末時点で83か国、計224回の飛行実績があり、最も多い首相の利用が154回で、天皇陛下と皇太子さまは13回ずつ。閣僚や議長が15回だった。

 このほか、1月に起きたハイチ大地震では陸自の救援部隊を被災地に輸送する任務にあたるなど、国際的な支援にも活用されている。

 今回、皇太子さまに同行して搭乗した。同行記者の席は最後部で一角には首相の「記者会見」が行われるスペースがある。機体の中央部には、ファクスやインターネット回線を備えた事務室や会議室、随行員室が設置され、機首部にはテーブルやソファを備えた貴賓室まであった。

 運用を担当するのは自衛隊。パイロットはもちろん、客室乗務員を含むクルーは厳しい訓練を受けた航空自衛隊千歳基地所属の特別航空輸送隊の隊員たちだ。

 燃費が良いとは言えないジャンボ機で、予備機も飛ぶので燃料代は倍かかるため運用を巡る議論もある。

 「無駄をなくす大臣が、政府専用機を使用したのはおかしい」。2月12日の衆院予算委員会。1月29~31日に、当時、行政刷新相だった仙谷国家戦略相が国際会議出席のため専用機を使ったことが追及された。政府側は、この時の運航費が6400万円だったことを明かし、「今回の使用は首相の名代としてで適切だった」と答弁した。

 燃費が良い中型機導入や3機目を望む声も根強く、予算化が検討されたことも何度かある。だが、航空評論家の青木謙知さんは、「今は新規に購入する財政状況ではない。専用機は使用頻度が低いのであと10年は使える。大事に使う方が現実的だ」と話している。(太田雅之)

平野官房長官インタビュー☆3(時事通信)
普天間の県外移設案検討も示唆 官房長官(産経新聞)
「第三者の関わる生殖技術について考える会」が発足(医療介護CBニュース)
<大分コンサル脱税>大光など3社に罰金3億円超求刑(毎日新聞)
「PLANET-C」チームの肩に乗る、手作りあかつきが欲しい件

<岡田外相>日米密約の有無、政府見解出さず(毎日新聞)

 岡田克也外相は12日の記者会見で、外務省の有識者委員会が日米密約の存在を認めたことに関し、「有識者は推論や学者の見識も持って、密約を結論付けた。マル、バツ、三角のレッテルを張り、評価するのは簡単なことではない」と述べ、密約の有無について政府の公式見解を出さない考えを示した。

 有識者委は調査した四つの「密約」のうち、日米安保改定時の核持ち込みなど三つが「広義の密約」「狭義の密約」にあたると認定。有事での沖縄への核再配備は密約に当たらないと判断した。

 岡田氏は「事実関係をしっかり説明することが重要。(密約に当たるかどうかの)ネーミングは二義的なことだ」とも語った。【野口武則】

【関連ニュース】
岡田外相:沖縄密約報道の西山氏に「お気の毒だと思う」
日米密約:政府見解修正 外交文書公開ルール検討へ…外相
日米密約:外務省委が報告書 核持ち込みは「暗黙の合意」
岡田外相:米国務副長官と会談 イラン核での連携で一致
外交文書:公開ルールを外部有識者で検討へ…岡田外相

7カ月ぶり流行水準下回る=インフル患者、定点0.77-感染研(時事通信)
対テロ戦“4正面作戦”と日本の役割(産経新聞)
ネット選挙、首相が早期解禁に期待=亀井氏「企業献金禁止は民主だけで」(時事通信)
西山氏ら19日に参考人質疑=密約問題で衆院外務委員会(時事通信)
国立劇場のスルガザクラ 2代目のツボミふくらむ春(産経新聞)

<都立国分寺高>入試で出題ミス、3人を追加合格(毎日新聞)

 東京都教育委員会は15日、都立国分寺高校(勝部純明校長)で先月23日に行われた入試の英語に出題ミスがあり、3人を追加合格にしたと発表した。3人は入学の意思を示しているという。出題ミスによる追加合格は、都立高では初めて。

 都教委によると、ミスがあったのは、国分寺高が自校作成した英語の問題。英文中に助動詞が二つ含まれる文法上の誤りがあった。9日に問題集などを作成する出版社から問い合わせがあり、誤りが分かった。該当する設問を全員正解としたところ、3人が合格基準を超えたという。

 3人は既に私立高への入学手続きを済ませていた。都教委は「支払った入学金が戻ってこない場合は、対応を考えたい」と説明、弁済の意向を示した。【江畑佳明】

<ETC悪用>「反応しない。手動精算を」高速料金ごまかす(毎日新聞)
首相動静(3月8日)(時事通信)
上海万博訪問を検討=唐前国務委員に伝える-鳩山首相(時事通信)
19歳男子学生、飲酒後死亡=ラグビー部送別会で-佐賀大学(時事通信)
水俣病和解協議、一時金210万円の案示す(読売新聞)

判決不服として上告へ 多摩中央署の捜査怠慢訴訟で警視庁(産経新聞)

 東京都足立区で平成16年、小出亜紀子さん=当時(24)=が殺害された事件で、東京高裁が警視庁多摩中央署の捜査怠慢を認め、都などに小出さんの両親へ1千万円を支払うよう命じた判決を不服として、警視庁は10日、最高裁に上告する方針を明らかにした。同日中に上告する。

 警視庁は「捜査と死亡の因果関係はないと考える。上告審の判断を仰ぐことが適当」としている。

 控訴審判決によると、小出さんは15年12月、元交際相手らにアパートに監禁され、暴行を受けて16年1月に死亡。小出さんの母親らは捜査を求めていたが、同署は事件性がないと判断し、捜査を行わなかった。

【関連記事】
警視庁捜査怠慢訴訟 警察の責任認める 賠償は減額 東京高裁
捜査ミスの賠償責任確定 栃木リンチ殺人
辻容疑者、華々しい経歴の裏で不正 柔整師2億円詐欺
虐待で「生命の危機」129人 「実母から」が半数以上
劇団四季が訴訟取り下げ 旭川市への損害賠償請求
20年後、日本はありますか?

<懲戒請求>弁護士6586万円着服 地位悪用し 愛知(毎日新聞)
【話題の本】『葬式は、要らない』島田裕巳著(産経新聞)
放火容疑で社員の男逮捕=滋賀リビング新聞社の火災-県警(時事通信)
地域主権2法案を閣議決定(時事通信)
つきまとい容疑で富山県警警部補逮捕=路上で女子高生に-石川県警(時事通信)

【生きもの秒写】「ホッキョクグマ」 白浜・アドベンチャーワールド(産経新聞)

 ■力強くはぐくむ生命

 待ちに待った誕生だった。シロクマの愛称のとおり、真っ白な毛に覆われたホッキョクグマの赤ちゃん。「良く動く元気な子だ」と飼育スタッフみんなが心から喜んだ。和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド。昨年10月13日、同園で飼育する2頭のホッキョクグマの間にメスの赤ちゃんが1頭誕生した。「力強く生まれてきた」と飼育スタッフの荻谷実さん(40)が誕生時を振り返る。

                *  *

 生まれたときに724グラムだった小さな体は3月8日現在で22キロを超え、すくすくと育っている。丸い小さな瞳。三角おにぎりのような形の耳。ふわふわの毛に覆われ、よちよちと歩く姿は、ぬいぐるみが歩いているようだ。来園者たちは愛くるしいまでの姿に歓声を上げ目を細めている。

 北極圏に生息するホッキョクグマは2万から2万5000頭といわれている(国際自然保護連合調べ)。地上最大の肉食獣で、オスは最大で800キロほどになるという。泳ぎが得意で主にアザラシを食べ、魚や水鳥なども捕食する。

                *  *

 しかし地球温暖化の影響で、生息環境に深刻なダメージを受けている。

 ホッキョクグマは食物の豊富な春と秋に集中して氷原で狩りをする。そして十分に食べて体脂肪を増やし、獲物の少ない時期を乗り切るエネルギーを蓄えるのだという。

 しかし、気温が上がり氷が解ける時期が早まるほど、狩りをする場が少なくなり「飢え」の時間が長くなる。ホッキョクグマはすでに、絶滅のおそれのある野生生物のリスト「レッドリスト」に名前を連ねている。

                *  *

 また、妊娠したメスは、子供を産んで育てる冬ごもりの100日間は、何も食べずに過ごす。子育てには2年半ほどかかり、単独で狩りができるまで愛情深く面倒をみる。

 アドベンチャーワールドの子グマは、哺乳(ほにゆう)瓶に入ったミルクを飲み干し、元気よく動き回って疲れたのか眠り始めた。

 何を夢見ているのか。私は子グマの寝顔を見つめて、遥か遠く、白い氷原を渡る風に思いをはせた。=おわり

 (この連載は写真報道局・頼光和弘、大塚聡彦が担当しました)

                    ◇

 「秒写」は今回が最終回。次回からは新しい企画がスタートします。

無銭飲食男“死んだふり”も搬送先でバレて逮捕(スポーツ報知)
神戸港に白骨化遺体=不明の40代会社員か-兵庫県警(時事通信)
シベリア鉄道の車窓から ネットで楽しむ旅(産経新聞)
<裁判員裁判>「胸締め付けられる」無期判決の裁判員が吐露(毎日新聞)
<学力テスト>7割で実施へ 全国小中学校(毎日新聞)

「緩和遅れた」「科学的情報を」=国の新型インフル対策で保健所長ら(時事通信)

 国の新型インフルエンザ対策について、各地の保健所長が、検疫などの厳格な対策を緩和するタイミングが遅れたり、ウイルスの性質に関する科学的情報の提供が不足したりしていたと考えていることが、厚生労働省研究班が行ったアンケートで分かった。
 研究班は昨年8月、全国510カ所の保健所の所長にアンケートを行い、66%から回答を得た。質問項目と別に設けた自由記載欄に、同省への意見が相次いだ。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
国産インフル薬、相次ぎ名乗り=点滴型や新作用で選択肢拡大
人から人へ感染か=タミフル耐性ウイルス、兵庫と鳥取で
国産ワクチン在庫、774万回分=1月中旬時点、新型インフル用

<新幹線つばめ>新800系を陸送 鹿児島(毎日新聞)
気象大学校の見直し検討、国交相が表明(読売新聞)
<暴力団>構成員ら5年連続で減少 山口組が45%占める(毎日新聞)
<愛子さま>4時限目だけ登校 宮内庁、両陛下に事情説明へ(毎日新聞)
<天皇、皇后両陛下>ラオス国家主席夫妻と会見 昼食も(毎日新聞)

紅梅・白梅 東京・青梅で3分咲き 関東の気温上昇(毎日新聞)

 晴天に恵まれた5日、各地で午前中から気温が上がった。梅の名所として知られる東京都青梅市の「梅の公園」では、紅白の梅が3分咲きとなった。

【写真特集】かれんな花たち…毎日植物園・冬

 気象庁によると、前橋市や甲府市では最高気温が24度と予想されており、関東地方は4月下旬から5月下旬の暖かさになる見込み。東京都心の午前10時現在の気温は13.1度で平年の最高気温(11.6度)を上回った。

 「梅の公園」には、約1500本が植えられている。入園は午前9時~午後5時で、開花期の入園料は大人200円。見ごろは25日前後まで。【袴田貴行】

【関連ニュース】
【さくら情報2010】少し早いですが…
昇竜しだれ梅:春の訪れ実感 見ごろ迎える--浜松・奥山高原 /静岡
梅:70本が見ごろ--新潟の白山神社 /新潟
鳩山首相:太宰府天満宮「梅の使節」の表敬に笑顔
大寒:太宰府天満宮では飛梅ほころぶ

<銃刀法違反>ネルソン容疑者を那覇地検が釈放…中日の投手(毎日新聞)
元銀行マン、中医協に新たな風を(医療介護CBニュース)
子供も使い保険金詐欺=交通事故偽装、11人逮捕-栃木県警(時事通信)
<裁判員裁判>強殺事件の被告に無期懲役判決 鳥取地裁(毎日新聞)
2億7000万円上限に資金援助=日本政府、チリ大地震で(時事通信)

<キャメロン監督>原爆テーマの次回作、揺れる…原作に誤り(毎日新聞)

 米ハリウッド映画「アバター」のジェームズ・キャメロン監督が次回作に予定している、広島への原爆投下をテーマにした映画構想が揺れている。映画の原作の一部に誤りが見つかり、原作者が内容の訂正を表明しているからだ。米国の退役軍人らからは批判の声が上がり、被爆者の間にも困惑が広がっている。

 原作は「アバター」で科学アドバイザーを務めた米作家チャールズ・ペレグリーノさんの「ザ・ラスト・トレイン・フロム・ヒロシマ」。漫画「はだしのゲン」の作者で広島で被爆した中沢啓治さん(70)のほか、1月に亡くなった二重被爆者の山口彊さんや広島・平和記念公園の「原爆の子の像」のモデルとされる佐々木禎子さんらも登場する。

 問題の発端となったのは、広島への原爆投下の際、米軍の写真撮影機に搭乗したという元米兵(08年死亡)の証言。原作は、これを基に、出撃前に科学者が死亡する放射線事故があったことなどが描かれた。だが、投下任務に当たった米軍部隊の名簿や搭乗員リストにこの元米兵の名前はなく、証言が虚偽だった疑いが浮上した。

 原爆投下機エノラ・ゲイの航空士だったセオドア・カークさんは、退役軍人グループのウェブサイトで「完全にでっち上げの話だ」と非難。ペレグリーノさんは元米兵の話が誤りだったことを認め、改訂作業を始めた。

 さらに、ペレグリーノさんは毎日新聞の取材に対し、中沢さんの連絡先が分からなかったため、複数の漫画作品や自伝、記事などから実体験と思われる部分を抜き取って作中に用いたことも認めた。

 「引用の連絡はなかった」としている中沢さんは、作品に架空の人物が登場する場面があることなどから「キャメロン監督がどういう構想を描いているのか聞いてみたい」と話している。【松本博子、ロサンゼルス吉富裕倫】

【関連ニュース】
被爆桜:平和への「遺志」咲かせたい…横浜の小学校に植樹
平和大使:ヒロシマ、ナガサキを米で伝える 運動25周年
マータイさん:原爆慰霊碑に献花、高校生らと植樹も
高野連:奥島会長、被爆桜を植樹…広島市の平和記念公園
マータイさん:来日 広島で記念植樹、京都などで講演予定

中学臨時教員を逮捕=書店で盗撮容疑-埼玉県警(時事通信)
<名誉棄損容疑>「不倫」写真でっち上げ 朝日大職員逮捕(毎日新聞)
<殺人未遂容疑>1歳娘の首絞めた母親逮捕 茨城・土浦(毎日新聞)
基地問題検討委、協議打ち切りも…官房長官(読売新聞)
10年度予算案 衆院予算委で可決 年度内成立へ(毎日新聞)

「引っ越し」で国際貢献を=不用品を換金、途上国の子へ-東京のNPOが寄付募集(時事通信)

 春の引っ越しシーズンに、国際貢献しませんか-。途上国の子供たちを支援するNPO法人「シャプラニール=市民による海外協力の会」(東京都新宿区)が、引っ越しで出る不要な本やCDを換金し、南アジアの子供たちを支援する活動に取り組んでいる。
 寄付を募っているのは、本や雑誌、CD、DVDなどで、30点以上の場合は同NPOと共同で支援を行う古書店が送料を負担、宅配便会社が集荷も行う。寄付された本などは古書店が買い取り、買い取り額がバングラデシュやネパールのストリートチルドレンや使用人として働く子供たちの支援に充てられる仕組みだ。
 同NPOによると、単行本2冊が100円相当に換金でき、ボールペン6本が購入できるほか、CD13枚(1000円相当)で、働く子供たちのための教育施設が10日間運営できるという。同NPOの福間あき子さん(34)は「お金だけでなく、不用品の寄付でも子供たちの支援に役立つことをもっと知ってほしい」と話している。
 寄付は、同NPOのホームページか、電話、ファクスで申し込む。問い合わせは電話03(3202)7863。 

箸の持ち方、どう教える 無理やりは禁物、興味を持たせて(産経新聞)
舛添氏は批判の資格ない=「谷垣降ろし」発言を批判-自民幹事長(時事通信)
裁判員 重い選択 鳥取2人強盗殺人初公判 関心高く 傍聴券求め848人(産経新聞)
久保が勝ち1勝1敗=将棋棋王戦(時事通信)
菅原実

小林秀雄の未発表音源みつかる 『本居宣長』への執筆意欲語る(産経新聞)

 近代批評を確立した文芸評論家、小林秀雄(1902~1983年)が、晩年の大作『本居宣長』を書き始めた直後、その構想について語った講演の未発表の音源が25日までに発見された。『本居宣長』の連載開始の年に、江戸の国学者、本居宣長の学問への姿勢を「豪傑」だったと語り、「その姿を書きたい」との強い意志を吐露している。11年にわたった晩年のライフワークの構想がうかがえる貴重な史料だ。

 音源は昭和40年11月27日、国学院大学大講堂(東京・渋谷)で行われた公開学術講演会を収録したもので、同大の資料館に保管されていた。昭和20年代から温めていた『本居宣長』の連載を文芸誌『新潮』40年5月号から始めたばかりで、本居の学問に対する姿勢を学生に語っている。

 講演の冒頭で、小林は静岡・伊豆で同宿した画家、梅原龍三郎が半年をかけて富士山を描いたとき、季節の変化に合わせて山頂の雪が解け、稲穂が育つなど絵も変化したことを引用。小林の連載も、「書きあがるまで分からない」と語りながらも、本居という人間を書きたいと意欲をみせた。

 本居は『古事記』などの実証的研究で知られるが、4畳半の部屋で35年をかけて『古事記伝』を書いた人間、宣長の豪傑ぶりを書きたいとも述べている。

 小林は、当時の学者にとって読書とは『論語』『万葉集』『源氏物語』など古典を熟読するもので、繰り返し読み、合点し、違いを知るという本への向き合い方は恋愛に似ていると指摘。こうして古典と交わり、考え、自分しか言えないことを見つけようと苦しむことが学問で、当時の「思って得る」姿勢は、現代の「事実を学んで知る」という客観的態度と大きく隔たると語った。

 当時と現代との隔たりを埋めるには想像力が必要であり、想像力を働かしてどういう人間であっただろうか見るのが歴史だという『本居宣長』全編に貫かれた姿勢が、講演ですでにみてとれる。

 中江藤樹や伊藤仁斎、荻生徂徠(おぎゆうそらい)ら儒学者のほか、国学の祖といわれる契沖(けいちゆう)が自殺しようとした話などにも触れており、連載開始時、本居に関するほぼすべての文献を読み込んでいた様子が分かる。宣長が和歌の学問に目を見開いたきっかけにもふれている。

 資料館から音源を探し出した同大の石川則夫教授は「録音したリールを見つけたとき再生する機械をさがすのに苦労した。音源をテープにダビングし、速度を落とす方法で再生し、教え諭す口調が聞こえてきたときは感動した。学問に対する考え方を学んだ」と語る。

 講演は、同大学術誌『国学院雑誌』最新号で背景を特集中。音源は4月9日発売の『小林秀雄講演』CD(新潮社)で発表される。

【関連記事】
「郷土の偉人」商標登録めぐり食い違い
正岡子規の未発表句発見 自筆の選句集に収録
太宰の旧制高校時代の写真発見 あどけなさ残る柔和な表情
宮沢賢治の“新作” 生家の蔵から未発表詩の草稿発見
気分はもう時代劇、志士や新選組も見た「八坂ノ塔」

<お手柄中3生>火災の住宅から幼い姉妹ら救出 大津(毎日新聞)
<仮入園>たん吸引必要な明奈ちゃん、公立保育園へ 東京(毎日新聞)
ハワイ沖で実習の「宮城丸」無事 訓練中に津波観測(産経新聞)
<トムラウシ山遭難>山岳ガイド行動基準づくり提言 調査委(毎日新聞)
スノボ男子大回転・野藤 母楽しみ「メダルかじらせてくれる」(産経新聞)

Oゲージ

Oゲージとは軌間32mm、縮尺1/43?1/48の鉄道模型規格の総称であり、スケールモデルにも、ティンプレートにも用いられる用語である。NMRAの規格では軌間1.25インチであるからアメリカにおいては厳密には31.8mmとなる。概要スケールモデルの縮尺は3種類ある。米国での主流は1/4インチスケール、すなわち1/48サイズである。実はこのサイズでは標準軌は29.9mmとなり32mmでは広すぎる。現在、スケールモデルではこのサイズの模型しか製造していない。 第二次世界大戦までの米国ではレール幅と車両の関係が正しくなる17/64インチスケール1/45も採用されていたが、その縮尺が生活になじみのないものであったことと、Model Railoader誌の図面が1/4インチスケールであったことがその後の運命を決めたと言われる。ドイツなどヨーロッパ諸国では1/45を基準縮尺としている。イギリスでは7mmスケール1/43.5サイズで現在も発売されている。日本においては1/45を基準縮尺としている。(規格制定時には蒸気機関車のみ1/43で作るという例外条項あり。)歴史1900年頃、ドイツのメルクリンが導入した。同じ頃、イギリスでも1番ゲージより小型の「0番」ゲージとして規格が出来て製品が発売されている。米国では1930年代から1960年代初頭まで、交流3線式のOゲージは最も普及していたスケールだった。 欧州では第2次大戦前までは一般的だったが、戦後はより小型の直流2線式が普及した。日本では湯山一郎が雑誌「模型鉄道」1938年3月号で1/45サイズを採用すべしと提唱し、それを「零番」と称したことから、一貫して1/45が採用されている。ただし狭軌の蒸気機関車はシリンダー間隔が広くなりすぎるのを嫌って1/43で作るという二通りの基準を持っていた。このサイズの提唱は、アメリカ型の大きな断面の機関車も、日本型・イギリス型の小さな断面の機関車も、見かけ上似た大きさにして、同じ線路の上を走らせて"国際的"な模型鉄道を作るという思想から生まれたものである。当時は列車としての鉄道模型を所有し運転することができた日本人は極めてまれであり、ほとんどの模型人は機関車のみを製作した。客車、貨車は複数の友人の物を借り、「何台牽いた」ということが話題になる時代であった。したがってこの湯山氏の提唱には賛同者が多か

<脅迫容疑>民主党本部に銃弾?入り封筒 テレビ朝日にも(毎日新聞)
<衆院予算委>鳩山首相、政治とカネ問題「根を絶つ」(毎日新聞)
<メタボ健診>腹囲基準根拠ゆらぐ 3万人データ解析で(毎日新聞)
<相武紗季さん>運転中追突事故 東京・品川で(毎日新聞)
首相動静(1月22日)(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。