スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oゲージ

Oゲージとは軌間32mm、縮尺1/43?1/48の鉄道模型規格の総称であり、スケールモデルにも、ティンプレートにも用いられる用語である。NMRAの規格では軌間1.25インチであるからアメリカにおいては厳密には31.8mmとなる。概要スケールモデルの縮尺は3種類ある。米国での主流は1/4インチスケール、すなわち1/48サイズである。実はこのサイズでは標準軌は29.9mmとなり32mmでは広すぎる。現在、スケールモデルではこのサイズの模型しか製造していない。 第二次世界大戦までの米国ではレール幅と車両の関係が正しくなる17/64インチスケール1/45も採用されていたが、その縮尺が生活になじみのないものであったことと、Model Railoader誌の図面が1/4インチスケールであったことがその後の運命を決めたと言われる。ドイツなどヨーロッパ諸国では1/45を基準縮尺としている。イギリスでは7mmスケール1/43.5サイズで現在も発売されている。日本においては1/45を基準縮尺としている。(規格制定時には蒸気機関車のみ1/43で作るという例外条項あり。)歴史1900年頃、ドイツのメルクリンが導入した。同じ頃、イギリスでも1番ゲージより小型の「0番」ゲージとして規格が出来て製品が発売されている。米国では1930年代から1960年代初頭まで、交流3線式のOゲージは最も普及していたスケールだった。 欧州では第2次大戦前までは一般的だったが、戦後はより小型の直流2線式が普及した。日本では湯山一郎が雑誌「模型鉄道」1938年3月号で1/45サイズを採用すべしと提唱し、それを「零番」と称したことから、一貫して1/45が採用されている。ただし狭軌の蒸気機関車はシリンダー間隔が広くなりすぎるのを嫌って1/43で作るという二通りの基準を持っていた。このサイズの提唱は、アメリカ型の大きな断面の機関車も、日本型・イギリス型の小さな断面の機関車も、見かけ上似た大きさにして、同じ線路の上を走らせて"国際的"な模型鉄道を作るという思想から生まれたものである。当時は列車としての鉄道模型を所有し運転することができた日本人は極めてまれであり、ほとんどの模型人は機関車のみを製作した。客車、貨車は複数の友人の物を借り、「何台牽いた」ということが話題になる時代であった。したがってこの湯山氏の提唱には賛同者が多か

<脅迫容疑>民主党本部に銃弾?入り封筒 テレビ朝日にも(毎日新聞)
<衆院予算委>鳩山首相、政治とカネ問題「根を絶つ」(毎日新聞)
<メタボ健診>腹囲基準根拠ゆらぐ 3万人データ解析で(毎日新聞)
<相武紗季さん>運転中追突事故 東京・品川で(毎日新聞)
首相動静(1月22日)(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。